ジャガイモの植付け

 今年も、彼岸入りを合図にジャガイモの種イモを植付けた。取り敢えず、自前の種イモ40個(30g以上)、レッドアンデス20個を植付けた。
DCIM0526(1).jpg
 この辺では、遅霜が降りなくなるのは、4月中旬頃で、植付けてから芽が生えるまで、約3週間掛かるので、逆算すると植付けの時期は、3月下旬~4月上旬である。遅霜があるのなら、遅く植付ければ、良いのでは、・・・。
 しかし、そうではない。ジャガイモの生育適温は、15℃~30℃、しかも、イモ形成は、17℃付近である。30℃を超えるとイモが肥大しなくなる。5月下旬には、30℃を超える日が続く場合がある。遅く植付けると小さなジャガイモしか出来ないのである。中途半端な気候のこの辺では、遅霜があるか、ないかのギリギリに芽を生えさせ、覆土、ワラ、もみ殻などの遅霜対策を施すのである。肥料は、牛糞入り堆肥を種イモの上に施した。
 さらに、病気に強い品種、キタアカリ2~3kgを購入して植付ける予定です。
 ところで、12月中旬に落葉の中に種イモを植付けた。芽は既に落葉の山から顔を出しているので、霜対策として、不織布を被せている。4月中旬には不織布を取り除く予定です。通常に植付けた、種イモと比較しながら、生育を観察する予定です。

"ジャガイモの植付け" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント