夏野菜の種をまいた

 ポリポットに夏野菜(ナス、ピーマン、キュウリ、枝豆、トウモロコシ)の種をまいた。
DCIM0547(1).jpg
 夏野菜は、発芽適温が異なる。枝豆、ナス、ピーマン、トマト、落花生は、20℃から。キュウリ、カボチャ、トウモロコシは25℃から。トウモロコシ・枝豆は、30本毎。後は、2~5本が育てば、一人で食べるには十分過ぎる。というよりは植える場所ない。猿軍団に襲われるので、金網の天井のある畑は、タマネギ苗600本とジャガイモ100個が占拠している。また、ナス、トマトなどは、連作障害もあるので、植える場所が少ない。
 畑を20cm位掘って、育苗箱を置き、種をまいた、ポリポットを並べて、透明ポリフィルムを被せた。
 1週間から2週間で芽が生えてくるでしょう。
 後の夏野菜は、落花生、カボチャ、トマト(何れも自前の種)は、直接畑に種をまく予定です。
 今年も、猿軍団、猪の餌を作ることになるのかな。

"夏野菜の種をまいた" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント