テーマ:巣箱

ミツバチのその後(3)-スムシ対策-

 梅雨前線は、北上し、今日からまとまった雨の予報。鬱陶しい日が続くのかなあ。  さて、ミツバチが巣箱に入巣してから8週間が経過した。ミツバチは、特にトラブルもなく活発に蜜を集めている。でも、入巣した巣箱で心配なことは、スムシ。スムシは、巣箱の隙間や巣箱底板に落ちている巣屑に卵を産み、気温が25℃を超えると孵化し、成長して、巣を食い荒ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(1)

 梅雨の入りから、今日で3日目。昨日は、好天でも湿度が低く、過ごし易かった。今日は?  さて、ミツバチは、5月上旬に入巣以来、活発に蜜を集めている。巣箱に耳を当て、聞くと、「ブワワーン」と羽の音。ミツバチが沢山いて、巣作りしているのが判る。  巣門に10数匹がたむろしているのを見ると、巣箱の中は、巣がほぼ一杯のようにも見える。一つの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱のスズメバチ対策

 今日は、雷を伴った雨が時折激しく降った。雨の日は、巣箱の出入口には、ミツバチが殆んど居ない。一瞬、巣から逃げてしまったのかと思ったが、暫くすると何匹か出入りしているので、安心した。門番も手薄だ。雨の日は、天敵のスズメバチが飛んでこないとでもいうのだろうか。雨だから、飛び難いので、ミツを集めるのを止め、巣箱の中で、巣作りの方に精を出して…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミツバチ巣箱のセット

 今日も25℃越えの夏日。夏日と言っても、湿度が低く、気持ちが良い暑さ。  最近の、夏日が続くと、そろそろミツバチの分蜂が始まる頃。女王様御一行を迎える巣箱の準備を行い、セットした。  スムシ対策として、①出入口の幅を狭くしたこと、②小包用紙で巣箱を包み、隙間が無いように紙の繋ぎを布粘着テープでシールした。①の対策は、間口を狭くする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチ巣箱の改良

 昨日から今日の昼まで、土砂降り。ここ1週間以上、雨らしい雨が降らなかった。そして無茶苦茶に降った。もうすこし分散して降って欲しいものだ。  さて、ミツバチの巣箱のこと。スムシ対策で全ての巣箱を見直し、次の点を考慮し、改良を行っている。   ①巣箱底部の隙間や板と板の隙間や箱と箱の継ぎ目を完全に塞ぐこと。   ②巣箱の底板を交換で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチの巣箱作り(その4)

今朝も、快晴、雲一つなく、昨日、今日と気持ちの良い天気。でも、放射冷却か、朝夕は寒い。  さて、ミツバチの巣箱作りのその4です。本箱に入巣した例もあるとかで、物置に古い本箱があったので、それを活用してみた。昔に作られた本箱、しっかりとした本箱で、妹が小学・中学時代に使っていたものです。可愛いシールが貼ってあった。この本箱は、中は棚で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチの巣箱作り(その3)

 今朝は、快晴で雲一つなく、気持ちが良い。でも気温は14、15℃だろうか。やや寒い。  さて、ミツバチの巣箱作りのその3です。板厚10mmの軽量タイプです。板厚10mm、板幅140mmを用いた。長さ250mmの板に16枚、カットする。のこぎりを使って、直線に上手く切れるようになってきた。1枚に6mmのスリットを入れ、巣門に用いる。板4…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ミツバチの巣箱作り(その2)

 昼間の気温は、21℃、午後から雲行きが怪しり、雷が遠くで鳴っていたが、雨は降らなかった。  さて、ミツバチの巣箱作りのその2です。最も簡単に作れる横長の巣箱です。板厚20mm、幅250mmを用いた。長さ600mmを3枚、長さ700mmを1枚、長さ250mmを2枚、カットする。釘を打った後、箱の中をバーナーで焦げる程度に軽く焼いた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチの巣箱作り(その1)

 今日の気温は、24℃、暖かい。こんな日が続かないかな。明日は雨の予報です。  さて、地元の方がミツバチの巣箱を敷地内に3箱置いて行き、その1箱に入巣した。それに刺激を受け、ミツバチの巣箱を作ってみた。巣箱には色々ある。100年前の吉田式タイプ、吊り下げタイプ、箱縦長タイプ、重箱式などと色々と工夫しておられる。採蜜のことを考えると重箱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more