テーマ:肝疾患

C型肝炎ウイルスの治療終了後の6ヶ月経過観察

 今日は、台風の影響か、にわか雨が降った。降った量は、ほんのお湿り程度。降った後は、非常に蒸し暑かった。  さて、昨日の7月12日、C型肝炎ウイルス3剤併用治療の6ヶ月経過観察結果を聞くために福山市民病院に行った。検査結果を聞いて、3剤併用治療が全て終了となる。  検査結果は、ウイルスが「検出せず」だった。主治医からいきなり握手を求…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの治療終了後の3ヶ月経過観察

 昨日、今日の気温は、12、13℃。一昨日の気温の24℃よりも、10℃以上低い。今朝は、霜注意報が出ていた。夕方の今、寒いと思ったら、みぞれが降っている。  6月の気温だったり、3月の気温だったり、これ程、気温の上がり、下がりが激しいと体調管理が難しい。  さて、C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を1月25日に終了して、昨日の19日で3…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの治療終了後の1ヶ月経過観察

 19日に降った雪です。積雪は、5~10cmあるでしょうか。こんな雪でも長靴を履いてウォーキング(徘徊とも言う)している。日向の雪は、その日のうちに溶けてしまった。昼間の気温は10℃超えがない。朝夕の気温は、氷点下。まだ寒いです。春の暖かい日差しが待ち遠しい。  さて、C型肝炎ウイルスの3剤(「インターフェロン」、「テラビック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療の終了

 今朝は、久し振りの雪でした。2~3cmの積雪でした。アイスバーン状態の上に積もっているから、質が悪い。ゴミ取集車が溝にハマっていた。福山へ着く頃には、雪もなく晴れていた。  さて、C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を8月15日から開始して、今日の1月25日で6ヶ月間の治療が終了した。3剤併用治療とは、「インターフェロン」、「テラビック」…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から5ヶ月…

 昨日朝も雪でした。7時頃からR182を南下するとみぞれへと変わり、福山へ着く頃には、土砂降りの雨となった。  さて、C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、12月26日で5ヶ月間が経過した。3剤併用治療と言っても、「テラビック」の服用は、終了したので、正確には、「レベトール」と「インターフェロン」の2剤併用治療です。また、内科(3…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から3ヶ月と1週間…

 今朝は、初霜が降りていました。ということは、地表0℃以下になったということでしょうか。散歩姿も寒さ対策を考えなくてはいけなくなった。耳が冷たかった。  さて、C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、11月14日で3ヶ月間と1週間が経過した。3ヶ月経過で「テラビック」服用が終了した(3剤併用治療と言っても、貧血のため、「レベトール」…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から3ヶ月…

 立冬を過ぎ、昼間は、兎も角、朝夕は流石に5℃を切って寒くなってきました。  さて、C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、この11月7日で3ヶ月間(治療期間の半分)が経過した。3剤併用治療と言っても、レベトールの服用を中止しているので、実際は、2剤併用治療となっている。  写真のペグイントロンは、インターフェロンのことで、メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薩摩芋の収穫

 朝夕は10℃以下になるものの、昼間は、20℃付近で秋を感じ、気持ちの良い天候です。  弘法滝の紅葉です。  C型肝炎ウイルスの3剤併用治療(実際は2剤)を開始して、10週間となった。後2週間で、3剤のうちの一つ、「テラビック」の服用が終了する。これを服用しなくなるとかなり楽になる。まず、食事の間隔が6時間でなくても良いこと、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から2ヶ月…

 C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、10月10日で2ヶ月が経過した。3剤併用治療と言っても、赤血球、ヘモグロビン数が減少し、貧血状態で、「リバビリン(レベトールカプセル)」服用を中止しているので、実際は、2剤併用治療となっている。今は、赤血球、ヘモグロビン数が回復しつつある。  私の場合、他の副作用を振り返ってみる。  まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から6週間…

 10月に入って、すっかり秋めいてきました。稲刈りは終わり、ウォーキングコースでは、小さな芝栗が沢山落ちています。栗ごはんなどにすると美味しいと知っているのですが、小さい栗は皮むきなどが面倒なので、誰も拾いません。  さて、C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、9月26日で6週間となった。5週間で、ウイルスが「検出せず」であっても…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から5週間…

 C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、今日の9月19日で5週間となった。  1週間毎の通院で、血液検査、皮膚科医師の診察、肝臓医師の診察、インターフェロン6本目の注射です。    本日の診察で、期待していることは、3剤併用治療1ヶ月経過で、ウイルス数がどの程度、減衰しているかです。1カ月で80%以上、減衰している事例も報告され…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から4週間…

 C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、今日で4週間となった。今日の9月12日は、1ヶ月経過の記念の日で、午前中、血液検査、皮膚科医師の診察、肝臓医師の診察、インターフェロンの5本目の注射など盛り沢山でした。またその日の午後から中国中央病院で血液検査、血糖値(HbA1c)の確認もありました。  今日は、朝7時自宅出発、8時過ぎに受…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から3週間…

 C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して3週間が経過した。  3剤とは、インターフェロン(週1回80ml皮下注射)、リバビリン(朝1カプセル、夕2カプセル)、テラビック{朝昼夕3回(2錠毎)}の3剤。この3剤を併用することで、比較的短期間(6ヵ月間)でウイルスを死滅することができる。  しかし、その代償として、肝臓、腎臓、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始から2週間…

 退院しました。C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して8月29日で2週間が経過した。3剤を併用治療することで、比較的短期間(6ヵ月間)でウイルスを死滅することができるものの、代償として、内臓障害を与える程のダメージを受ける。インターフェロン1本目の皮下注射で、インフルエンザに患った症状(微熱、頭痛、関節痛、悪寒等)が生じた。微熱は、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

C型肝炎ウイルスの3剤併用治療開始後1週間・・・

 C型肝炎ウイルスの3剤併用治療を開始して、昨日で1週間が経過した。  3剤とは、インターフェロン(週1回皮下注射)、リバビリン(レベトール、朝1カプセル、夕2カプセル)、  テラプレビル{テラビック、朝昼夕3回(2錠毎)}  の3剤。この3剤を併用することで、比較的短期間(6ヵ月間)でウイルスを死滅することができるという…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

また入院しました。

 8月13日にまた入院しました。今回の入院の目的は、肝炎ウイルスによる慢性肝炎の治療です。場所は、福山市蔵王町の福山市民病院の6階で、見晴らしの良い所です。鞆の浦方面に向かって、福山市内が一望できます。  この見晴らしの良い病室から、ブログを更新しています。入院期間は、薬剤投与してからの症状にもよるが2週間から3週間。糖尿病で入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more