テーマ:ミツバチ

 ここ2、3日の朝夕の冷え込み(6、7℃)で、寒くて、石油ストーブを出した。  さて、この網は、何をするための網でしょうか?この網の大きさは、直径30cm、棒の長さは、90cmです。大きさと長さは、丁度良い。  この網は、落ち鮎を捕るためでも、セミ、カブトムシを捕るためでも、カボチャを採るためでもない。  正解は、ミツバチを襲うス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチへの悪戯

 ♪~みんなが笑ってる お日さまも笑ってる ルールルールー今日もいい天気~♪  さて、天気の良い日には、ミツバチは、忙しそうに蜜を集めている。  ところで、ミツバチの天敵、オオスズメバチを虫取り網で捕まえた。ひねり潰したが、未だ微かに生きている。ミツバチに悪戯を思い立った。オオスズメバチを巣の出入口に置き、ミツバチの度胸力と清掃力を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱底板の交換(3)

 今日は、スカッと気持ちの良い彼岸晴れです。  さて、ミツバチの巣箱のことです。巣箱Aのミツバチは、9月1日に逃亡したが、巣箱Bは、未だ逃げずに蜜を集めている。天敵のスムシ対策として、4日、5日に1回の間隔で巣箱の底板の交換を継続している。底板の上に落ちる、蜜蝋のカスやミツバチの糞にスムシが卵を産み付けるので、掃除するために交換してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチへのご褒美

 今朝の外気温は、15℃、室内の気温は、22℃。過ごしやすいと言うよりも、寒ささえ感じる。  さて、巣箱Aのミツバチが逃げたので、残して行った、ハチミツを巣箱Bのミツバチへ与えている。巣箱の中から沢山出て来て、ミツを吸っている。思わぬ、ミツだったのでしょう。  100匹以上が外に出ている。ミツを腹一杯吸っては、巣箱の中に運んでいる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチが逃げた

 今朝の気温は、16℃、最高気温も25℃を超えることはなく、涼しく感じる。  さて、ミツバチの巣箱のことです。入巣2箱のうち、1箱、巣箱Aのミツバチが逃げてしまった。巣箱の中は、もぬけの殻で、ミツバチ1匹もいません。  原因は、スムシです。沢山の幼虫が巣を食べ尽くしている。  巣箱底板を5日~7日毎に交換していただけにショックです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチ飼育期間更新中

 猪に山芋、カボチャ、枝豆をほぼ食害され、収穫の楽しみが無くなった。後の楽しみは、落花生とミツバチだけです。  ミツバチが入巣した巣箱2箱とも、スズメバチに注意を払いつつ、逃げずに元気で蜜を集めている。一昨年、5月11日に入巣して、8月7日に逃亡した。飼育期間は、88日間だった。逃亡の原因は、スムシの発生。今年は、5月2日に入巣して、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱殺蜂球

 スムシ対策の巣箱底板を1週間毎に交換している。そのせいか、ミツバチは、逃げることもなく、元気に蜜を集めている。しかし、天敵のスズメバチがやってきている。ミツバチが沢山巣箱の前に集まっているのを見るとスズメバチがやってきているのが判る。  スズメバチがやってくると、ミツバチが一斉に羽を振るわせ、身体を大きく見せ、逃げさせる。スズメバチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチに刺されてしまった

 スムシ対策で巣箱底板の交換している時、迂闊にも巣箱を倒してしまい、巣箱の底からミツバチ、数百匹が出て来て、逃げても追っかけられ、顔などを襲撃されてしまった。その時、防護網を被っていなかったので、刺されてしまった。反省。 左右の目の上を2ヵ所、鼻を1ヵ所、後頭部を1ヵ所、小指を1ヵ所の計5ヵ所に刺されてしまった。刺されると熱いと感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱底板の交換(2)

 梅雨が明けたというのに曇り空やにわか雨の日が多く、スッキリしない。また蒸し暑い。  さて、ミツバチ巣箱・底板の交換です。1週間に1度の間隔で交換している。底板に落ちる、蜜蝋のカスやミツバチの糞にスムシが卵を産み付けるので、掃除するために底板を交換している。12日、今年初めて交換したとき、1箱目には、スムシが30匹位いたので、巣を食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱の様子

 真夏日が続くが、梅雨明けは、未だかな。  さて、スムシ対策で底板を1週間に1回交換しているミツバチの巣箱のことです。日が余り当らない場所に設置しているものの、ミツバチの様子から、連日の真夏日で温度が上昇していることが伺える。巣箱の中は、相当暑いのだろう。ミツバチは、出入口に10匹位が集合し、出入口にお尻を向けて、一斉に羽を振るわせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱底板の交換

 梅雨の晴れ間だが、毎日ように、にわか雨が降り、ムシ暑い。  さて、5月2日、ミツバチが2箱に入巣してから、2ヶ月以上が経過した。巣箱に耳を当て、様子を伺うと巨大な群れになっていることが判る。そろそろ天敵のスムシが発生する時期となった。、スムシは、「ハチノスツヅリガ」の幼虫で夜間、巣の中に入り込み、巣箱の隙間や巣のカスやミツバチの糞な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入巣2箱目。3箱目?

 昨日からのまとまった雨、農作物には、ナイスな雨です。午後からは晴れる予報。  さて、今年、ミツバチが1箱目に入巣したのは、5月1日だった。2年振りのことでした。入巣してから、2週間余り、元気に採蜜している。  この巣箱は、出入りがスムーズでないのが気にかかる。出入口が渋滞しているのです。蜜蝋を底板に溶かし付けていることもあるが、出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

分峰が始まった。

 ここ1週間、晴れの日続きで、農作物のためには、そろそろ雨が欲しい。  さて、昨日、ミツバチが巣箱に入ったのです。しかも、2箱も?…。4月中旬に巣箱の中を掃除して、ガスバーナーで焼き飛ばした。隙間を塞ぎ、内側に蜜蝋を塗って、10箱セットした。  ミツバチの入巣は、2年振りのことです。腰に手を当て、スキップしたい気持ちです。そして、久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱のセット

 今日は、1日中雨模様、気温も12、13℃と上がらず、肌寒く感じる。  さて、ミツバチ用巣箱10個のセットがやっと間に合った。  例年、4月中旬にミツバチの分峰が始まる。この分峰のチャンスを見逃さないように準備をしていた。巣箱の準備は、箱の中の掃除、ガスバーナーで焼き飛ばし、蜜蝋塗り、クラフト用紙で被う、布粘着テープでシールなどであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱の準備

 昨日、今日と寒いのでミツバチは飛んでいない。分蜂は、例年、4月中旬頃から始まる。その時期に間に合わせるため、1箱毎順に、掃除し準備している。掃除は、簡単にホウキで掃いた後、巣箱の内側をガスバーナーで焼き飛ばした後、蜜蝋を塗り、ガスバーナーで溶かして、板に浸み込ませている。また、スムシ対策として、巣箱を小包用紙で被い、端を新しい布粘着テ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチが…

 ここ数日の肌寒さに比べ、今日は、晴れ、気温も10℃を超えそう。  さて、今年も、ミツバチがネコヤナギに沢山やってきている。  ネコヤナギには、毎年やってきているが、昨年は、巣箱にはやってこなかった。一昨年は、10箱中3箱も入巣したので、昨年も、少なくとも1箱位入巣するものと思っていた。4月~7月の間、毎日、巣箱を見て回った。し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のミツバチは、諦めた

 今日は、スッキリとした晴れ。溜まった洗濯物が乾きそう。  さて、ミツバチの巣箱のことです。3月下旬に巣箱10箱を用意し、誘引剤として、空き缶に中国産ハチミツを入れ、入巣を待っていた。分蜂は、4月下旬から始まる。昨年は、10箱中、3箱に入巣したので、自信があった。しかし、偵察隊が様子を見に来ているものの、今年は、一向に入巣しない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巣箱!準備OK!

 昨日の、雲ひとつない天気に比べ、今日は、雲が多かったが、気温は、17℃と高かった。  さて、気温が高くなると、ネコヤナギの花にミツバチが沢山やってきている。  耳を澄ますとブワンと羽の音がする。分蜂は、例年、4月下旬頃から始まる。今年は、1ヶ月早く準備を行い、セットした。  その理由は、ミツバチに分蜂先の候補として、事前に検討し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(16)-逃亡2-

 この所、毎日のように雨が降る。気温が低いのは、過ごし易いが、作物のためには、晴れ渡った秋空が欲しい。  さて、巣箱Cに入巣してから4週間が経過した。巣門の様子がおかしい。  もしや、逃げてしまったのか。巣箱底から覗いてみることにした。  もぬけの殻です。スムシがいるようでもない。アリの侵入でもない。底板の交換での振動も考えられる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(15)-スズメバチ-

 台風15号の影響で、雨風が激しかった。帝釈川ダムを放流するとの電話連絡があった。  さて、巣箱Cに入巣してから3週間が経過した。スムシ対策で巣箱底板を1週間毎に交換しているが、スムシは、まだ確認が出来ない。巣は、まだ小さく、2~3kgと推定する。  巣箱Cの様子です。  巣門の周辺に沢山のミツバチたちが集まっている。スズメバチが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「栗坊」の収穫

 昨日の雨で、今日の気温は高くないが、蒸し暑い。  さて、カボチャ「栗坊」の柄がクッキリしてきたので、1個だけ収穫してみた。  5月上旬に、ポットに種をまき、5月下旬に畑に植付けた。今年は、猪・猿軍団対策で金網の天井がある畑に植付けた。途中、猪に侵入され、一部食害されたものの、ツルは、5m以上に伸び、順調に育った。収穫した「栗坊」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枝豆の収穫

 昨日の雨の影響か、今日の気温も30℃越えはなく、先日までの暑さを感じない。  さて、枝豆を収穫した。今年、枝豆の種をまいたのは、4月中旬と5月中旬の2回。1回目は、猪の襲撃で、芽を食べられ、全滅した。2回目はポットにまき、植付けた。  そして、NHK「あさいち」の園芸コーナーで、枝豆の収穫量up方法を紹介し、それを試した。  ①…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トウモロコシの収穫

 立秋から1週間が経過し、雨も降る日もあったり、幾分涼しくなってきた。  さて、ミツバチの逃亡やらで、トウモロコシの記事をご無沙汰していた。8月4日に初めて収穫していた。ひげが茶色くて、実がしっかり入っていそうなものを2本収穫した。昔からお湯を沸かしてから収穫しろと言われているように、トウモロコシは、鮮度が命。収穫してもトウモロコシは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミツバチのその後(14)-逃亡-

 連日の猛暑日。毎日が暑い。  さて、巣箱Aのミツバチは、分蜂だと思っていたが、逃げていた。  結局、ミツバチは、巣箱Aから巣箱Cに鞍替えしたことになる。逃亡の原因が判らない。環境が悪化すると、住んでいた場所を離れ、新しい場所に住みかを替えることが知られている。逃亡の原因は、スムシの発生、スズメバチの襲撃、夏、巣が高温になる、貯蜜量…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミツバチのその後(13)-分蜂-

 EAFF女子東アジア 日韓戦のTVを見ながら、書いている。中島選手の先制点、1点リードで前半戦終了。後半戦、もう1点入れて勝って欲しいが…。  さて、巣箱Aのミツバチは、まだ逃げてない。と言うよりも、半分が逃げた。それは、8月2日午後2時頃、もの凄いものを目撃した。ミツバチの群れがもの凄い音で飛び交っていたのです。巣箱Aからの分蜂で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(12)-逃げてない2

 今日は、30℃越え、真夏日。暑かったあ。猛暑日に近かったかもしれない。  さて、ミツバチは、まだ逃げてない。スムシ対策で巣屑を掃除するために巣箱底板を3日間で交換している。交換前の巣門の様子です。  隣に新しい底板をセットし、その上に巣箱を持ち上げて移動させる。移動始めると巣門に居たミツバチは、巣の中に入り始める。また移動するとき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(11)-逃げてない-

 今日は、曇り空。昼から夕立があった。上がった後は、蒸し暑い。  さて、巣箱Bのミツバチは、逃げたが、巣箱Aは、まだ逃げてない。巣門付近は、数十匹のミツバチで大混雑している。  巣箱が段々と重くなってきたので、巣が大きくなっているのが判る。折角の巣をスムシで逃げ出させてしまうのは、可哀想過ぎる。巣屑が多くなってきたので、今後、巣箱底…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(10)-逃げていた-

 今日も、30℃越えの真夏日。このところの急な気温上昇に、身体が付いて行き難くなった。  さて、今日、巣箱Bを横に倒して巣箱の中を見てみた。  女王バチたちは、居なかった。巣を良く見るとスムシが小さいものから大きなものまで沢山居た。  大きなものは、巣を食い荒らしている。スムシの発生で女王バチたちは、折角の巣を見捨て、逃げてしまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(9)-逃げた?-

 今日は、30℃越えの真夏日。少し動くと汗がダラダラと流れる。  さて、スムシ対策に、巣箱底板を1週間毎に交換している。巣箱Aは、4度目の交換である。  巣屑は、交換の度に多くなっている。巣が段々と大きくなっているのでしょう。巣屑の中にスムシとスムシの成虫?を見つけた。  成虫?の大きさは、15mm程度。スムシの正式名称は、「ハチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチのその後(8)-底板の改良

 梅雨は、明けたが、天候はスッキリしない。蒸し暑い。  さて、スムシ対策に、巣箱底板を1週間毎に交換しているが、面倒くさいので、何か良い方法がないか、考えている。スムシは、底板に溜まった巣屑に卵を産む。巣屑がなければ、卵は産めない。巣屑が溜らないようにするには、金網が良いのではないか。金網を代用すると風通しが良くなり、巣箱の温度が上が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more