夏野菜の種をまいた

 ポリポットに夏野菜(ナス、ピーマン、キュウリ、枝豆、トウモロコシ)の種をまいた。  夏野菜は、発芽適温が異なる。枝豆、ナス、ピーマン、トマト、落花生は、20℃から。キュウリ、カボチャ、トウモロコシは25℃から。トウモロコシ・枝豆は、30本毎。後は、2~5本が育てば、一人で食べるには十分過ぎる。というよりは植える場所ない。猿軍団に…
コメント:0

続きを読むread more

山芋の植付け

 山芋の種イモを植付けた。先日用意した切った竹(直径5cm~7cm、80cm)を半分に割って、底の節は残し、それ以外の節はくり抜く。そして、半分に割った竹を合わせて、テープで何ヶ所か止めて、竹筒を完成させる。竹筒に畑の土を5mm角の篩に掛け、竹に詰めて、種イモ(1年もの、長さ20cm~30cm)を植付けた(3本だけ、2年もの、長さ60c…
コメント:0

続きを読むread more

間に合った

 今日、4月7日は、小中学校の入学式。入学式には、満開の桜が似合う。4月4日の雨と翌日の風で散り始めたが、まだ桜の花びらは残っている。満開とは言い難いが入学式に間に合った。  友達を沢山作って、一杯遊んで、一杯勉強して下さいね。  ところで、4月3日は、孫2の入園式だった。孫2は1歳6ヶ月。園長先生からの「入園、おめでとう」のメ…
コメント:0

続きを読むread more

竹筒の作製

 先日、掘り残しの山芋から芽が生えていたので、植付けの準備を行っている。  塩ビパイプ(長さ60cm)は30本あるが、種イモの数が多いので、新しく竹を切って竹筒を準備した。そして、毎年、猪に襲われて、収穫出来なかったので、判らなかったが、昨年は襲われず、判ったことがある。ひとつは、筒の中に充填する土によって、生長に違いが出ること、赤土…
コメント:0

続きを読むread more

開花宣言

 今日、私のソメイヨシノの標準木の開花宣言(5輪以上が咲く)をします。  広島・縮景園の開花宣言(3月11日)に遅れること17日、ここは寒いのですよ。それでも、山陽地区と同じ天気予報・同じ注意報とは解せない。  4月7日の入学式には満開になりそう。真新しい制服の肩に花びらが舞う。
コメント:0

続きを読むread more

掘り残し

 夏野菜の植付けのため、畑を耕している。すると掘り残していた山芋が出て来た。少し掘ってみると意外に長くて大きい。丁寧に掘ってみることにした。力を加えると直ぐ折れるので細心な注意が必要である。畑なので深さ30cm位までは容易だったが、そこからは粘土質に石もゴロゴロ出て来てなかなか掘り進まず、しゃがんでの作業、腰も痛くなってきた。スコップで…
コメント:0

続きを読むread more

開花宣言間近

 広島・縮景園の開花宣言(5輪が咲く)は、3月11日、8割が咲く満開宣言は3月25日だった。縮景園の開花に遅れること2週間経って、まだまだと思っていたが、にわかに華やいできた。  山桜は、いつの間にか開花し、私のソメイヨシノの標準木もあと2、3日すれば、開花しそうになってきた。  小中学校の入学式には満開になるかな。入学式に…
コメント:2

続きを読むread more

ジャガイモの植付け(2)

 ホームセンターで「キタアカリ」を購入する予定だったが、売り切れて無かったので、仕方なく、「男爵」を購入して植付けた。  購入した種イモは大きい。種イモを半分に切ると切り口が腐り易くなるので、切りたくなかったが、余りにも大きいので、仕方なく半分に切った。切り口は、腐食防止のため、草木灰をまぶした。  大きなもの13個を半分に…
コメント:0

続きを読むread more

ジャガイモの植付け

 今年も、彼岸入りを合図にジャガイモの種イモを植付けた。取り敢えず、自前の種イモ40個(30g以上)、レッドアンデス20個を植付けた。  この辺では、遅霜が降りなくなるのは、4月中旬頃で、植付けてから芽が生えるまで、約3週間掛かるので、逆算すると植付けの時期は、3月下旬~4月上旬である。遅霜があるのなら、遅く植付ければ、良いのでは…
コメント:2

続きを読むread more

落葉の中の種イモ(2)

 12月中旬、落葉の山の中に植付けたジャガイモです。落葉の山から芽が顔を出してきた。芽の先端は、緑色、茎は太く白です。  光合成による生長ではなく、種イモに蓄えられた、エネルギーで生長しているのです。落葉の山は、30cm以上あるので、茎の長さはそれ以上ある。芽は落葉の中を搔き分けて生長しているので、太くて逞しい。通常の種イモの…
コメント:0

続きを読むread more

ミツバチが活動開始

 ここ数日、昼間の暖かさ、15℃近くになるとミツバチが沢山やって来ている。梅、ネコヤナギの花にやって来ている。  ネコヤナギには、毎年来ているが、昨年は、巣箱にはやって来なかった。一昨年は、5箱も入巣したので、少なくとも1箱位入巣するものと思っていた。4月~7月の間、ほぼ毎日、巣箱を見て回ったが、偵察隊がやって来るものの、叶わなか…
コメント:0

続きを読むread more

びわ湖毎日マラソン

 昨日、今年で最後となる、びわ湖毎日マラソンが行われた。鈴木健吾選手が30km過ぎから驚異的な走りで日本新記録の優勝にはビックリでした。  思えば、40数年前、采谷義秋選手に始まって、中山竹通選手、宗茂猛兄弟、谷口弘美選手、瀬古利彦選手を、沿道から新聞社の手旗を振って応援していた。谷口選手の時は、草野球の試合中、審判が中断して応援して…
コメント:2

続きを読むread more

油木、湿り雪です

 昨日夜、寒いと思っていたら、朝、雪が積もっていた。ここ数日、15℃を超える日が続き、春のモードでいたので、ビックリです。  道路には、積もってないが、田んぼは雪景色です。雪は、湿り雪で、差している傘が段々と重くなる。福山地方と同じ天気予報(午前中は雨)とは、解せない。桜の開花も1週間遅いのですよ。  ところで、落葉の堆肥化では…
コメント:1

続きを読むread more

タマネギ苗の生育状況

 正月明け、植付けたタマネギ苗(1ヵ所165本)が猿軍団に襲われ、殆ど苗を引き抜かれ、葉を食べられた。苗の玉の部分は大丈夫そうだったので、放していた、苗を集め、再び植付けていた。そして、タマネギ用肥料を追加で施した。再植付けから1ヶ月と3週間が経過した、生育状況です。           (猿軍団に襲われたタマネギ苗)     …
コメント:0

続きを読むread more

雲一つない青空

 19日、昨日の昼の気温は、13℃。朝の気温が-4℃なので、この気温差には身体に応える。ここ3日ほど雪が舞っていたので、雲一つない青空にビックリ。雲一つない青空は、2月に入って2日目。気持ちもウキウキして清々しい。余りにも綺麗な青空だったのでパチリ。  これから三寒四温を重ねながら、寒さがしだいに緩む。春が待ち遠しい。
コメント:0

続きを読むread more

ツララ

 今朝の気温は、-4℃。ウォーキング・コースに道路を塞ぐように2m以上のツララが下がっていた。  ツララは、手が届く高さにある。場所は、油木R182号線の高架下。国道中央部の繋ぎ目に亀裂ができ、その亀裂に水が浸透して、水滴となり、ツララが出来きたと思われる。2m以上のツララは珍しい。2017年以来である。  この場所で、2m以上…
コメント:0

続きを読むread more

落葉の中の種イモ

 落葉の山の中には、ジャガイモの種イモが植えてあるのです。植えてあるというよりも、畝の上に自前の種イモを置いて、その上に牛糞入り堆肥を分厚く被せている。落葉を集める前の12月中旬に30~40gの種イモ20個を置いた。その上に集めた落葉を被せて、種イモはどう生育するかの実験なのです。通常の植付けは、3月下旬~4月上旬。異例の植付けのタ…
コメント:0

続きを読むread more

雲一つない青空

 今日、12日は、雲一つない青空だった。先日まで鉛色の雲に被われ、雪が舞っていたのに大違い。昼間の気温も13℃。  こんな日は、春を感じ気持ちがいい。落ち葉の堆肥化も、気温の上昇と共に微生物が活発になって進行しそう。  また、もうすぐ、ミツバチも飛んで来そう。今年は、入巣してくれるかな。
コメント:0

続きを読むread more

エンドウの生育状況

 新鮮なエンドウの豆ご飯が堪らなく美味しくて、毎年、エンドウを植えているが、毎年、種を買うのを忘れてしまい、種をまくのが遅れてしまう。発芽適温は18~20℃なので、種まきの推奨時期は、10月上旬~11月上旬だが、寒冷地では、春に種をまく所もある。種まきの推奨時期に種をまけば、2週間位で芽が生えてくる。5月頃の収穫のためには、冬が来る前に…
コメント:0

続きを読むread more

タマネギ苗の生育状況

 12月13日に植付けから約1ヶ月経過した、タマネギ苗モミジ500本、赤タマネギ苗50本の生育状況を投稿した。全ての苗が根付き、新しい葉も生え逞しく元気に生育していること、根切り虫に葉を食べられた苗5、6本あったことを投稿した。そして、さらに1ヶ月が経過した、タマネギ苗の生育状況です。植付けた3ヵ所のうち、1ヵ所、165本植付けた畝の生…
コメント:0

続きを読むread more