この花は、何の花?

 今朝は、雨が降っていなかったが、昼間は、雨が降ったり、晴れたり、日和雨だったり、本格的に降り出したり、猫の目のように天候が変わった。昼間の気温は、11℃。時折突風が吹いて、寒かったです。
 さて、この花は、何の花だと思いますか。
画像

 正解は、白菜の花です。菜の花ではありません。昨年秋、野菜の葉、雑草などを畑の隅に野積みしておいた。そして3月、その中から花のつぼみの茎が顔を出していた。野積みを掘り起こしてみると、昨年、ポットで育て植付け、葉が巻かなかった、小さな白菜だった。どんな花が咲くのか、興味があったので、鉢に移し、糞化落ち葉を施し、育てることにした。この4月、黄色の綺麗な花が咲いてきました。白菜の花を見たのは初めてのこと。大根の花は白色だった。野菜の姿・形は大きく違うものの、花の並びは、菜の花、大根によく似ている。菜の花や大根と同じ仲間かもしれない。調べてみると、白菜は、アブラナ科アブラナ属とか。同じアブラナ科に属するものは、キャベツ、小松菜、野沢菜、大根などとか。やっぱりそうだ。この季節、黄色の花は、白色よりも、景色に映え、綺麗だ。葉が巻いた白菜も葉が開き、同様な花が咲くのだろうか。菜の花畑は、全国各地にあるが、白菜の花畑は、聞いたことがない。白菜として食べた方が、美味しいか(色気より、食い気)。
 菜の花と言えば、滋賀県守山市、琵琶湖大橋近くの湖畔の畑に地元の人達の手によって、毎年、植えられていた。この季節になると、そこへ、少し遠出し、よくジョギングに出かけた。一面に咲く、菜の花畑。キラキラと輝く琵琶湖の湖面には、ヨットが浮かび。遠くには、雪が残った比良山系の山々を望む。この光景は素晴らしかった。カップルが畑に入って、これらをバックに写真を撮っていた。今、その畑の隣に大型店が進出してきた。そこのお客さん達もこの光景に気付いて、見ているだろう。でも、沢山の人が畑の中に入いり、写真を撮り、花を摘むなどしていたら、その光景も台無しだろうな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック