薩摩芋を収穫しました。

 ここ2、3日間の好天に比べ、曇り空。気温は22、23℃。朝夕も12℃位で過ごし易い。
 さて、トタンで囲った畑の薩摩芋を半分(8株分)、収穫しました。
画像

 500gを超えるものが5個もある。最も大きいもので900g。売られているものは、300~500g。薩摩芋は痩せた畑でジックリ育てた方が、好ましいが、猪対策として、仕方がなかった。金網の天井がある畑で、しかも、トタンで囲った。この畑は昨年、タマネギを植えていた。肥料も、堆肥化落ち葉、油粕、米ぬかを施していた。これらの肥料が残っていたのでしょう。それにしても育ち過ぎて大き過ぎる。大きなものは、使い難い。比較的小さなものを早速、味噌汁にしてみました。ホクホクとした食感で美味しく頂きました。
 ところが、続いて、残り半分を収穫しようとしたところ、この場所も、猪に襲われてしまった。タバコの吸い殻をPETボトル入れ、10本以上を畑の周りに置き、トタンで囲っているから、ここは襲えないと安心していた。トタンを持ち上げ、金網の裾の鉄パイプをへし曲げて侵入している。トタンを固定する杭が1カ所甘かった。畑を掘り返してみたが、きれいに食べ尽くしていた。タバコの吸い殻もトタンも関係なく襲われてしまった。これで、トタンで囲わなかった畑を含めると3回襲われ、4分の3の面積に当たる。襲われなければ、写真の4倍の量が収穫できたはず。これでは、猪のために育てているようなもの。
 猪対策には、金網の裾の鉄パイプをシッカリ固定し、トタンを持ち上げられないようにさらに鉄タイプで挟みつけた。これで完璧。「さあ来い、猪」と思っても、彼らも必至、囲いの弱い部分を探し侵入してくる。油断ならない。来年も戦いは続く。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック