町道の草刈り(2)

 今日は、町道草刈りの本チャンです。朝7:30集合。参加者は、昨年と同じ9人。男性7人、女性2人。天候は曇り空。予報では、昼から降るとか。1週間前に5km中半分以上が済んでいた。道に迫り出した、木の枝も切られている。刈っただけで刈り草を取り除く作業が1km位、全く手を付けられてない場所が500m位残っている。ここは、草が密集しているので、大変な場所です。そして、溝に落ち葉や土砂が溜まった場所が何ヵ所もある。雨が降ると、雨水が道路に溢れ出していた。落ち葉や土砂を掻き出す、この作業が最も大変。
画像
 刈られた草が取り除かれ、道路がきれいになりました。
画像
 溝も落ち葉や土砂が取り除かれました。
 これらの作業は、1人でやるよりも人数分を割り引いても断然早い。1人では、しんどくて、なかなか作業が進まない。作業の見通しに心が折れ、止めてしまう。これは、マラソン大会を走るジョガーレベルの気持ちと同じ。1人では、とても42.195kmを走ることが出来ない。1人では、少し疲れると、少し具合が悪くなると走るのを止めてしまう。しかし、大会では、何千人の参加者と一緒に走ることになる。若い人から年配の人までの老若男女と一緒に走る。マラソン後半の疲れた時、伴走者に誘導される、目の不自由な人や年配の人たちに抜かれると気持ちを奮い立たせ、再び頑張ろうと言う気持ちになる。またパタパタと大きな音を立てる、走り方の悪い人や汗を一杯かいている肥満の人にも、「この人たちに、負けてはいけない」と励まされる。これと同じなのだ。皆が頑張ると自分も頑張る、相乗効果。M君は、溝の土砂運びで頑張り過ぎ、腰を痛めた。お大事に!
 今日は、気温もあまり上がらず、作業し易かった。昼前には、作業が無事終了した。 Yさんの軒先で昔話を交え、ビールを飲みながらの楽しい慰労会。釈明会見で大泣き兵庫県議を真似したM君、受けたね。私、ノンアルコールビールでよく付き合うわ。雨は、午後から予報通り降り始めた。このメンバーでいつまでも草刈りが出来る訳ではない。来年も草刈りが元気にできるように誓い合った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック