タマネギ苗の植付け(2)

 今朝は、あられ交じりの雨が風を伴って、時折降り、寒かった。明日は、霜が降りそう。
 さて、タマネギを完植した。誤字ではない。今年、植付け予定の苗800本を完植した。11月8日の更新に続き、植付けた。正確には、100本/1束が多めに束ねてあるので、中生種の「OP黄」苗414本、晩生種の「もみじ3号」苗435本の計849本。11月8日更新と同様に畝を作り、マルチ・シートを敷き、穴開け専用治具で穴を開け、葉先を切って植付けた。「OP黄」苗は、苗立ち、活着がよく作りやすい。「もみじ3号」苗は、草姿は立性、葉食濃く、根腐れ、葉枯れ症に強い。貯蔵性がよく、冷蔵貯蔵もできる。「もみじ3号」苗を植付けた畝。
画像
 「もみじ3号」苗は、油木百菜館で購入した井上さんの苗。昨年は、井上さんの苗が供出されなかった。昨年の気候は、秋が短く、苗の生育適温範囲の期間が短いからと、思った。井上さんの苗を久し振りに見た。流石、苗は、立派。葉の緑も濃く、根も長く、茎も太い。100本束の根をポリ袋にすっぽりと入れ、根が乾かないようにしてある。その気遣いがいい。そして、輪ゴムで止め、品種と生産者名のシールが貼ってある。自前の苗は、上手く出来ない。弟子入りしたい気持ち。昨年の苗は、油木高校の苗で小さく細かった。春が短く、生育期間が短かったこともあるが、直径2~5cmの小さなタマネギしか出来ず、不作だった。井上さんの苗であれば、400g以上、少なくとも300g以上のタマネギが出来そうである。
 「OP黄」苗も「もみじ3号」苗に比べ、やや劣るが、300g以上のものは、出来そう。これらが800個以上も出来る。とても、自前で消費が出来ない。ご希望の方は、差し上げますので、来年の収穫以降にお越し下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

安芸中野
2014年11月14日 03:32
井上さんの苗、すばらしいすねえ、
いずれ、Uターンして農業やりますからたいへん参考なります。
今後とも情報、お願いします
こきち
2014年11月14日 08:35
タマネギの肥大は、天候(生育適温)と肥料と苗の3条件で、これらのベスト条件だと500g以上のデカタマネギも出来るが、トウが打立ち易いことも知りました。肥料と苗の大きさが決まれば、後は、天候次第、なるようにしかならないのです。安芸中野さん、早く帰って来て下さい。待っています。今後とも、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック