安堵の表情の黒田

 10月29日、日本シリーズで広島カープは、日本ハムに敗れ、日本一になれなかった。セ界をぶっちぎりで優勝したので、日本一になると信じていた。しかも、黒田博樹の引退でチムは一つになって、日本一になると信じていた。
画像
 試合開始から終了まで6戦全てTV観戦した。
 ジョンソン、野村祐輔で2戦先勝した時は、すんなり決まるものと思っていた。5戦目、ジョンソンで負けたのが痛かった。2勝3敗と劣勢になった時も、29日の6戦目には、野村祐輔で勝って、7戦目、黒田博樹で、日本一なると信じていた。しかし、願いは叶わなかった。
 猪に農作物を襲われた時と同じくらい、ショックは大きく、寝付きが悪かった。3日経ってやっと落ち着いてきた。今年のカープに感謝したい。黒田博樹にも「ありがとう」と言いたい。
 思えば、3月下旬から10月下旬まで、楽しませて貰った。例年、カープは、秋風と共にBクラスの定位置に収っていた。今年は、違っていた。5月には、どうせ、鯉のぼりが登っているまでとか、言われながら、Aクラスを確保。正念場の交流戦で、セリーグチームが苦戦する中、11勝6敗1分の3位の成績で終えた。それ以降、巨人に追いつかれそうになりながら、踏ん張り、トップをキープしての25年振りの優勝。そして、CSもDeNAに勝っての日本Sでの戦い。
 日本ハムは強かった。流石、ソフトバンクを大逆転してのパ界の優勝。バッターは、よく粘ってよく打った。ピッチャーも、出てくるピッチャー、出てくるピッチャー、150kmを超えた。パワー投球で押されてしまった。
 カープは、選手も若いし、日本Sの経験が大きい。数年間は、優勝が狙える位置にいるだろう。









黒田博樹 日米通算200勝達成記念号 2016年 8/5 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊
ベースボールマガジン社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒田博樹 日米通算200勝達成記念号 2016年 8/5 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック