ジャガイモの生育状況

 今のところ晴れているが、午後からは、雨の予報。農作物には、恵みの雨となるか。
 さて、ジャガイモの芽が全ての植付け方法で地上に出てきた。植付けた日は、3月21日。植付け方法は、①野積み刈草への植付け、②深さ20cmの植付け、③ポリフィルムの中への植付けである。②、③の方法は、通常の植付け(深さ5cm)よりも、深く20cmに植付けた。①の方法は、さらに深く30cm位の植付けになる。より深く植付けることで、地上に芽が出てくるまで、時間が掛るため、遅霜に遭い難い。
 地上に最も早く芽が出てきたのは、③の植付け。順に②の植付け、①の植付けであった。③の植付けは、1ヶ月後、①の植付けに至っては、2ヶ月近くもかかった。
          ①野積みの刈草への植付け
画像

          ②深さ20cmの植付け
画像

          ③ポリフィルムへの植付け
画像

 5月中旬、もう遅霜には遭わないだろう。③の植付けは、地上に出てくるまで、時間がかかった分、太くて逞しい(芽の数は少ない)。今後、一気に生育し、通常の植付けと遜色ないように生育する筈である。そして、7月下旬の収穫に向けて、立派なジャガイモに生長して欲しい。
 猿軍団や猪に襲われなければ、良いが…。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック