紅あずまの植付け

 九州北部・四国が梅雨明けし、平年よりも8日早い。広島は、未だ曇り空。6月上旬になりそう。
 さて、今年も、サツマイモ、紅あずまのツルを植付けた。昨年、猪に襲われなかった畑に20本(37円/本)を購入して植付けた。
画像
 弱ったツルも含まれていたためなのでしょうか。オマケが6本もあった。芋ヅルの生命力は、強く、少々弱っていても、毎日水遣りすれば、活着するのです。活着するまでは、毎日、水遣りが必要ですが、その後は、肥料も要らず、放って置けるので、私向きの作物です。
 生育適温が25~30℃(地温22~26℃)であるが、雨が降らない日が続くときは、水遣りして、ジックリ育てる予定です。
 今年も、猪には襲われないでしょう。芋ズル26本を植付けたので、収穫は50個以上が出来そう。とても食べきれません。昨年も冬越しで腐らせてしまった。発泡スチロール箱に新聞紙に巻いて、タオルに包んで入れても、腐ってしまった。折角のサツマイモ、腐らせては勿体ない。ご希望の方がおられたら、差し上げますので、お越し下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック