巣箱の様子

 今日は、雲一つない秋晴れです。悩みもスカッと晴れそうで気持ちが良い。
 さて、巣箱の様子です。この巣箱は、4月19日に入巣し、6ヶ月になろうとしている。スムシが侵入し卵を産み、幼虫が巣を蝕んではいないか、気になっていた。底板の掃除をするために、今年初めて底板の交換を試みた。出入口付近に沢山のミツバチがたむろしていたので、群が巨大になっていると思う。
          (7月中旬の様子)
画像

          (底板交換後の様子)
画像
 粘着テープを外し、巣箱を持ち上げようとしたが、重くて持ち上がらない。30kg以上はあるだろうか。おそらく巣箱に巣が一杯になっているのでしょうか。こんなに重い巣箱は、初めてです。6ヶ月間、セッセとミツを集めた成果でしょう。分峰はしなかったのだろうか。
 巣箱が重くて動かないので、新しい底板を横に並べて巣箱をズリズリとずらして新しい底板に乗せることにした。やっと乗せることが出来た。巣箱は、4箱で出来ているので、採蜜は、最上段の1箱分を頂くことにしよう。
 方法は次のように考えている。先ず、空の1箱を用意する。巣箱の紙と粘着テープを外し、最上段と次の箱との間に細い針金を差し込んで、切り離す。最上段の箱を取り除く。2段目の箱の上に代替の空箱を乗せ、粘着テープと紙をセットして、採蜜したいと思います。ハチミツ3、4kgあるかな。後の3箱分は、冬を越すミツバチの食料です。砂糖水も与えます。発泡スチロールの箱を巣箱に被せ、防寒対策を考えている。昨年の-10数℃のような寒さにならないよう祈ります。
 肝心のスムシは底板に数匹いた。予想以上に少ない。ミツバチが底板のほぼ全体に群がっていた。これでは、成虫が侵入出来ても卵を産み付けるスペースがない。ミツバチ自身が幼虫を駆除しているようです。底板はバーナーで焼き飛ばした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック