追加苗の生育状況

 今日で、4日間連続の雨です。日課のウォーキング(ジョギング?)は4日間休みです。終わった後は、シャワーを浴びるのが一日の始まりなので、4日間も休むと何か落ち着きません。
 さて、雨のお陰で追加植付けた芋ツルは活着したようだ。7月9日、延びた芋ツルを11本カットして植付けていた。植付けてから、1週間位は萎びていたが、水遣りとこの雨で、2週間経って活着いた。これで計27本が活着した。
IMG_0858(1).jpg 最後列、9本のうち8本が追加で植付けた苗です。先に植付けた苗は、ツルが60cm以上延びているものもある。もうこれで、水遣りしなくても大丈夫のようだ。雨の降らない日が続く時は、時々水遣りする程度の世話で、11月の収穫まで、放って置ける。しかし、サボってばかりではいけません。
 芋を肥大させるためには、「ツルの返し」という作業が必要なのです。ツルが生育するとツルの節から根が出て来る。その根が土の中に入ると、根から過剰に栄養分を吸収し、ツルばかりが延びて、芋が肥大しないことになる。
 そこで、根を土から引き剥がして、畝側へひっくり返す、「ツル返し」の作業が必要なのです。元根の芋に栄養分を集中させ、肥大させるために、生長著しい時期に数回この作業を行う。この作業をやらないと、芋は、小さなものとなってしまうのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント