巣箱の準備

 4月中旬~5月中旬の分峰に向けて、入巣するように、巣箱の中を掃除し、クラフト紙(米袋)の張り替えを行っている。巣箱が10箱もあると時間がかかる(1~1.5時間/箱)。
IMG_1166(1).jpg
 昨年のクラフト紙・粘着テープを剥がして、箱に分解する。巣箱の中をガスバーナーで焼き飛ばした後、掃除する。箱の内側に蜜蝋を塗り込む(写真左)。箱と箱を粘着テープで接合する(写真中央)。そして、米袋をカットして、クラフト紙2枚を使って被い、端を粘着テープで止める。箱と底板の接合も粘着テープを使い、完成です(写真右)。設置場所は、巣箱と巣箱の間隔100m離し、午前中、陽が差し、午後から日陰になる場所が夏の暑さを凌ぎ易いことから、好ましい。スズメバチに見つかり難いことから、林の中が特に好ましい。
今年は、何箱に入巣するのかな。昨年、入巣した巣箱には、入巣し易いが、お気に入りの巣箱には入巣しません。不思議なことに、期待してない、巣箱に入巣するのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント