ロケットストーブ

 ここ数日、最低気温は、-5℃前後、最高気温は、5℃前後。寒くなってきたので、ロケットストーブを取り出して、寒さを凌いでいる。
7年前に作製し、5年前にペール缶を継ぎ足し、煙突も30cm長くしてパワーアップしたものです。今でも重宝している。26年前、阪神淡路大地震のニュースで、電気もガスも止まった中、ガレキを燃料にして、暖房用に、煮炊き用にロケットストーブが大活躍していたのを思い出し、ホームセンターで煙突などのキッドを見つけたのを機に作ってみたものです。
DCIM0476(1).jpg
DCIM0477(1).jpg
 煙突を30cm長くすることで、炎の勢いが増し、燃焼効率(残渣が少なくなった)が良くなった。牧(30cm長)3本もあれば、2Lの水は、お湯になる。毎年、暖まりながら、お湯を沸かし、カップラーメンや飲み物を楽しんでいるのです。
ヤカンの底には、ススが付き難いと聞いていたが、シッカリとススが付いている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント