トウモロコシの生育状況

 トウモロコシは鮮度が命。収穫後は、甘味成分をどんどん消費するので、糖度が落ちてくる(1日で1~2%低下)。美味しいトウモロコシを食べようと思えば、自分で作る以外ない。毎年、美味しいトウモロコシ食べるために育てている。
 今年は、早く4月14日、一晩水に浸けた種をポットにまき、1週間で芽が生え、さらに1週間経った5月上旬に苗36本を植付けた。晴れが続くと、ほぼ毎日水遣りを行った。そして、草も取り除いた。さらに1ヶ月以上経って、背丈以上になり、雄花が先に咲き、雌花も咲いてきた。
DCIM0611(1).jpg
 雄花が咲くのを合図にトウモロコシの株元に追肥、牛糞入り堆肥を施し、土寄せと言うよりも堆肥化落葉を施した。
 収穫は、絹糸が出てから20~24日、雌穂の絹糸がこげ茶色になったら少し皮を剥いて実入りを確かめて収穫する。8月上旬~中旬かな。

"トウモロコシの生育状況" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント