テーマ:ロケットストーブ

ロケットストーブ

 ここ数日、最低気温は、-5℃前後、最高気温は、5℃前後。寒くなってきたので、ロケットストーブを取り出して、寒さを凌いでいる。 7年前に作製し、5年前にペール缶を継ぎ足し、煙突も30cm長くしてパワーアップしたものです。今でも重宝している。26年前、阪神淡路大地震のニュースで、電気もガスも止まった中、ガレキを燃料にして、暖房用に、煮炊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロケットストーブ

 ここ数日、朝の気温は、-5~-8℃。昼間、陽の当たる場所は、8~10℃だが、日陰は2~5℃。寒くなってきたので、ロケットストーブを取り出して、寒さを凌いでいる。  6年前に作製し、4年前にパワーアップしたものです。今でも重宝している。25年前のTV、阪神淡路大地震のニュースで、電気もガスも止まった中、ガレキを燃料にして、暖房用に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油木です。大雪です。

 この冬一番の寒波。この冬一番の積雪です。  多く降った所で、30cm位は積もったでしょうか。小学校、中学校も休校です。中国バス、町営バスも全面運休です。こんな寒い時、活躍するのがロケットストーブです。  2年前にロケットストーブを作り、昨年にペール缶1個、30cm直筒煙突を継ぎ足して、パワーアップの改良を行った。高温の煙突(ヒート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロケットストーブの改良

 今朝の気温は、-6℃。この冬一番の寒さです。  さて、寒さが戻って来たので、一作年前に作ったロケットストーブを取り出して、寒さを凌いでいる。パワーアップのため、小型ロケットストーブの改良を行った。と言っても、ペール缶の底を金切りハサミでくり抜き、上に載せただけ。煙突は、30cm直筒ステンレス煙突を継ぎ足した。従来の小型ロケットストー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜜蝋を作った。

 ここ数日、陽が差している間は、暖かいが、日が落ちると一気に冷えてくる。冬だ。  さて、寒い時の作業に適する、ロケットストーブで、ハチミツを搾った巣を使って、蜜蝋を作った。手順は、①お湯を沸かす。②沸騰したら、ミツバチの巣を入れて溶かす。  ③別の容器で水切り金網にさらしをのせて、ゴミなどの不純物を濾過する。④水が冷めて蜜蝋が上部に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロケットストーブの登場

 今朝は、予報通り、雪が2、3cm積もった。雪が降っても、歩いている。  さて、今年の2月に小型ロケットストーブを初めて作った。TVで、薪を燃料とした、ロケットストーブの作り方を紹介していた。修理工場で貰った、ペール缶の横に直径10.6cmの円を描き、円の中心に釘で穴を空け、そこから放射線状に金切りハサミで切る。切り口が、描いた円まで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

蜜蝋を作った。

 今朝、起きてビックリ。雪が薄く積もっていた。久し振りにブルッと寒い。  さて、ロケットストーブで蜜蝋を作った。その手順は、次の通り。  ①蜂蜜を搾った巣を用意する。  ②ロケットストーブを使って、お湯を沸かす。  ③沸騰したら、ミツバチの巣を入れて溶かす。   蜜蝋の融点は、62~65℃。比重は、0.93~0.97なので、お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

小型ロケットストーブを作った。

 今日の昼間は、15℃超え。春の足音は、近づいている。  さて、修理工場で車のエンジンオイルを交換して貰った。傍に山積みになった空のペール缶を見て、ロケットストーブを作ってみようと思いついた。以前、テレビで、薪を燃料とした、ロケットストーブの作り方を紹介していた。特徴として、薪(自然エネルギー)が使えること、長い薪が使えること、焚口の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more